腸内環境を整える

アーモンド

乳酸菌と言えばもっとも有名な菌と言っても良いほど知られているもので、腸の調子を良くしてくれる事でもお馴染みです。 この乳酸菌の歴史は非常に古く、最初の観察されたのは1600年代後半から1700年代辺りとされていて、検証や分析を行ったのは今から150年ほど前まで遡るのです。 日本においても乳酸菌というものがハッキリとする前から発酵食品は作られていましたが、ヨーグルトが販売されたのは1894年の事で最初は凝乳」という名前で食品と言うよりも整腸剤として用いられていたとの事です。 食品としてのヨーグルトは1917年に商品化され、戦後の1950年ごろから一般にも普及が進んだのです。 乳酸菌飲料も1919年には登場していて、日本においても非常に馴染み深い存在なのです。

乳酸菌は今再び注目が集まっているものです。 病気の予防などには免疫を高める事が重要なのですが、免疫細胞は腸に集まっているので腸の状態と免疫力には非常に強い繋がりがあるのです。 腸の調子を良くするには乳酸菌は非常に重要なので、今とても注目されているのです。 しかし、乳酸菌を含んだ食べ物は苦手という人も多いです。 どうしても酸味があったりして、甘くしてあるのなら大丈夫だけどそれだとカロリーが心配という人も多いです。 そんな人向けに今後はサプリメントで摂取する人も増える事が予測されるのです。 今まではサプリメントは胃酸に負けて腸まで届かないとされていたのですが、最近では様々な企業努力によって腸までしっかり届くものが増えているのです。